サラダチキンに冷凍うどん、野菜炒めミックス(半量、千切りキャベツでもOK)、春雨スープで“温麺”

 うどんのつゆを買っても使いきれない……というときは、春雨スープや中華風スープなどをスープのもととして上手に活用。春雨スープと水2分の1カップ(うどんとサラダチキンの塩気があるので調整)を鍋に入れて、沸騰したらうどんを鍋に入れてあたためます。最後にサラダチキンと野菜炒めミックスを加えて出来上がり!

サラダチキンにもやしで“バンバンジー風サラダ”

 意外とビタミンCが多いもやし。1袋で200g程度とボリュームがありますが、加熱するとかさが減って食べやすくなります。もやしは電子レンジで加熱し、上にほぐしたサラダチキンをのせ、ごま風味ドレッシングをかけて出来上がりです。

 そのほかにも、コンビニには、豆腐、納豆、ちくわ、しらす、卵、貝の缶詰、焼き鳥など、調理をしなくても食べられるタンパク源がたくさんあります。食事は簡単に済ませることが多いという人は、おにぎりや麺類、パンなど炭水化物主体の食事になっていませんか?タンパク質は筋肉だけでなく、ハリのある肌や健康的な髪や爪の原料でもある重要な栄養素です。食べたい料理にトッピングするなどして、タンパク質を欠かさないようにしましょう。

 余談ですが、この連載でインタビューさせていただいたビジネスアスリートの方々の影響で、私もついに筋トレが習慣になりました。筋肉をこよなく愛するトレーナーの方々との会話はとても面白いものです。印象的だったのは「筋肉、ちゃんと育っていますね」と言われたこと。筋肉に対して“育てる”という感覚を持っていなかった私ですが、タンパク質をはじめ栄養という食事を与え、水やりをし、ちゃんと休ませ、大切にする……。まさに、 “育てる”ことそのものだなと、改めて自分の体を大切にしようと思いました。みなさんの筋肉も、愛情を持って育ててあげてくださいね。

(栄養士・食事カウンセラー 笠井奈津子)