【ワシントン】ドナルド・トランプ米大統領に対する上院の弾劾裁判で28日、大統領の弁護団による冒頭陳述が終了した。新たな情報が浮上する中、追加の証人・証拠の採用なしでの結審に向けて上院議員らの理解を得るため、持ち時間を大幅に残して陳述を終えた。  弁護側からはパット・フィルビン次席法律顧問、パット・シポローネ大統領法律顧問、トランプ氏の顧問弁護士ジェイ・セクロー氏が陳述に立った。  フィルビン氏は民主党主導でまとめた弾劾条項2項目のうち「権力乱用」について、「大統領は完全に合法かつ権限内のことをしても、彼らがその真意を調査し誤っていると判断すれば、弾劾が可能になる」と指摘。