免疫力アップ効果の高いビタミンは?

 免疫力アップに欠かせないのがビタミンです。中でもビタミンエースと呼ばれる、ビタミンA(β-カロテン)、ビタミンC、ビタミンEは積極的にとりたい栄養素。おすすめの食材と効率よく栄養をとり入れる方法を合わせてご紹介していきます。

ビタミンA(β-カロテン)は油と一緒に

 口や鼻、皮膚などの粘膜を菌やウイルスから守ってくれる働きがあります。緑黄色野菜や豚や鶏のレバーなどに多く含まれており、脂溶性のビタミンなので油と一緒にとることで吸収率がアップします。炒め物にしたり、少量のオリーブオイルと一緒に食べたりして、効率よくとり入れていきましょう。

おすすめメニュー
ほうれん草バター炒め、人参サラダ、うなぎのかば焼き、焼き鳥レバー、レバニラ炒め

ビタミンCをこまめに摂取

 白血球の活動を活発にする働きがあります。ストレスや喫煙によっても減少しやすく、1日の中でこまめに補いたい栄養素です。野菜や果物、イモ類に多く含まれています。水溶性のため生で食べられるものはそのまま食べるのがおすすめです。

おすすめメニュー
生野菜サラダ、小松菜煮びたし、ピーマン(パプリカ)炒め、じゃがいものみそ汁、カットフルーツ

血液の流れを良くするビタミンE

 血流の流れを良くしたり、体の老化を防いで細胞を若々しく保ってくれたりといった働きがあります。ナッツ類やアボカド、カボチャ、うなぎなどに多く含まれています。脂溶性のビタミンなので油と一緒にとると吸収率がアップします。

おすすめメニュー
カボチャの天ぷら、ごまあえ、アボカドサラダ、はまちの刺し身、素焼きナッツ