服について考えるのは、めんどくさい。アイテム選びがめんどくさいし、コーディネートもめんどくさい。そんな男性に向けて、新刊『服がめんどい――「いい服」「ダメな服」を1秒で決める』で最短で私服を決める方法を説いた大山旬氏。「これさえ持っておけば間違いない!」という小物選びの理論を伝授する。2月8日(土)17時~「二子玉川 蔦屋家電 BOOK」にて同書発売記念トークイベント開催!

「清潔感のないズボン」は卒業しよう

あなたは普段、どんなズボンを履いていますか?
ジーンズ、スラックス、チノパンなど、ズボンにも様々なアイテムがあります。
しかし、避けたいアイテムが1つだけあります。
それが、下のような「ベージュのチノパン」です。

男性が履くズボンの中では最もポピュラーなアイテムですが、どうしても「休日のおじさん」といった、野暮ったさを感じさせます。

「無難なもの」を選ぼうとするあまり、つい手に取ってしまうのが、「ベージュ」なのです。

たしかに、ベージュは「明るさ」が出て、安心感があるかもしれません。

しかし、清潔感がないように見えてしまいます

どうせなら、思い切って「ホワイト」にまで振り切ったほうが、清潔感が漂いますし、おしゃれにも見えます。ホワイトといっても、少し黄色味がかったものもありますが、「真っ白のズボン」を選ぶことで清潔感の漂う着こなしが実現できます。

まずは手頃なユニクロのジーンズからトライしてみましょう。最初は見慣れないものですが、何度か履いているうちに手放せないアイテムになるはずです。

「人との違い」がおしゃれに見える

ホワイトジーンズは、少し抵抗があるアイテムかもしれません。
ズボンは色の濃いものが多いのですが、その中で唯一明るさを足せるのがホワイトジーンズです。
まだまだ履いている人は少数派ですが、履いてみると意外と誰にでも似合いやすいアイテムです。

それに、人との違いがあるからこそおしゃれに見えるものです。ぜひ積極的に取り入れてみてください。

ホワイトジーンズは着こなしに「アクセント」を加えることができる稀有なアイテムです。
男性の中には、「全身ダークトーン」というコーディネートの人がよくいますが、どこか退屈に感じることもあります。

そんなとき、いつものズボンをホワイトジーンズに変えてみましょう。これだけで一気におしゃれに見えるようになります。

ホワイトジーンズを履くとき、靴は「ネイビーやブラックなどのレザースニーカー」にしてラフさを足しましょう。革靴も合わないことはないのですが、少しきれいめに寄りすぎて、キザな着こなしに見えてしまいます。スニーカーで適度なカジュアルさを足しましょう。

ぜひ、慣れないアイテムにもチャレンジしてみてください。