中間管理職ほど“楽天的”が力になる!

「板挟み」という言葉があります。部長や課長といった会社の中間管理職について、よく用いられる言葉です。社長や専務など上層部の「こういう方針でいくからよろしく」という要請と、一方で部下たちからの「こういう方向で仕事をしていきたい」という要請が対立するような時、その間に立って「こちらを立てれば、こちらが立たず」という状態になり思い悩むことが多い、という意味を表しています。

 言い換えれば、この中間管理職という立場は、「社長をはじめとした上層部から自分がどう見られているか」ということと、「部下たちから自分がどう見られているか」ということを二重の意味で気にしていると言えます。

 しかも、上層部によく見られようと思えば、部下たちから嫌われることをしなければならなかったり、部下たちから好かれようと思えば、上層部から睨まれることをしなければならないことになります。そういう意味でも、中間管理職は板挟みに置かれがちです。したがって、いつも強いストレスにさらされているのではないでしょうか。

 そのストレスを少しでも軽減するために、中間管理職にある人は、できるだけ楽天的に物事を考えるように心がけるほうがいいでしょう。そうするためには、「社長や専務によく見られたい」「部下たちによく見られたい」という気持ちを少し弱めるほうがいいと思います。他人の目をできるだけ気にせず、まずは自分がやるべき仕事をたんたんと進めていくことに専念するのです。

 管理職といっても、今の中間管理職はプレイング・マネージャーと言って、みずから現場に立ちながら部下たちを引っ張っていくという立場に立つことが多いようです。まずはその「現場の仕事」に専念してみてはいかがでしょうか。

 みずから先頭に立って現場で汗を流す姿を見せれば、自然に部下から尊敬されるでしょうし、上層部も評価してくれるはずです。

 次回は、苦手な相手との上手な距離の置き方について述べていきます。

>>続編はこちら