50代夫婦
現在50代の夫婦は、何歳まで倹約を続けると老後も安泰なのでしょうか?(写真はイメージです) Photo:PIXTA

娘夫婦や息子と同居する53歳夫婦
「高齢まで倹約する意味がわからない」

 今回の相談者は、娘夫婦や長男と夫婦で同居している53歳の女性です。定年を前に、お金の使い方に悩んでいるといいます。

【相談内容】
<相談者の家族構成と年齢>
 Rさん(53歳)パート
 夫(53歳)会社員
 娘夫婦(ともに32歳)
 孫(3歳)
 長男(27歳)

<世帯収入(手取り)>
 夫 月平均31万円、ボーナス2回計30万円
  ※60歳定年 退職金350万円ほど 再雇用嘱託65歳まで有り
 Rさん 月平均10万円(ボーナスなし)
  ※来年度 正社員登用 手取り平均20万円ぐらい、ボーナス・退職金なし
   定年65歳 再雇用パート75歳まで
 娘夫婦から 毎月5万円 
  ※その他、食材やおやつなど差し入れあり
 長男 スキルアップのため2年間は専門学校へ
 夕食のみ親の負担
 その他(ポイントなどの雑収入) 月3万円ほど

<月間支出>22万1000円
 光熱費、WiFi 5万円
 食費    8万円 
 小遣い  5万5000円(夫3万円、妻2万5000円)
 娯楽(主に美食) 1万円
 ガソリン(2人分)  1万円
 新聞、携帯料金(2人分) 1万1000円
 その他    5000円
 ※住宅ローンを完済して2年。

<年間支出>45万円
 家族旅行(夏20万円、冬10万円、お正月10万円)
 車両維持費  5万円

<保険(月額)>4万3800円
 家財保険 積立方式 1万円
 妻がん保険  3000円
 夫疾病保険  5000円
 冠婚葬祭互助会2口  4000円
 舅(しゅうと)認知症保険     5500円
 義理兄生命保険2人  3800円
 孫の学資保険(300万円) 1万2500円

<貯蓄>
 約700万円
 ※年間で約300万円預金が可能

<具体的なお悩み>
 お金の使い方がわかりません。そして、このまま高齢になるまで倹約を続ける意味がわかりません。娘夫婦には車や結婚祝い等350万円ほど使い、長男にも同じ金額を用意しています。また長男にも子どもができたときは、1人につき学資保険300万円をかけるつもりです。ささやかな預金ですので投資は孫だけと決めております。

 夫婦共に医療費はお小遣いで賄ってきました。夫はお小遣いを使わない人なので家で必要な物を購入してくれ300万円ほどへそくりがあり、家族旅行の不足分を出してくれます。夫が外食嫌いなので家での食事は豪華で不満はありません。私は孫と好きに外食に行っています。

 太陽光発電の収入は夫婦の誕生日プレゼントに充て、収入に入れておりません。来年から年5万円ほどに減ると思われます。頂き物や当選などが多く家計への貢献度が高いです。私も貴金属がたくさんあり、欲しい物はありません。ただ、このまま預金だけしていれば良いのか、体力のあるうちにもっと楽しんだ方が良いのか悩みます。

                  ◇