新型肺炎の影響を受ける銀座
銀座は歩行者天国でも普段のような賑わいがない 写真:森田直樹/アフロ

「銀座を歩く人は、半分に減った。こんな銀座、見たことがない」

 こう語るのは、銀座2丁目にある高級日本料理店「銀座 瀬里奈」の田坂信介支配人。一変した街に驚きを隠せない様子だ。もちろん、このように新型コロナウイルス(新型肺炎)の影響を受けているのは、銀座だけではない。さまざまな街の多くの飲食店が、大きな打撃を受けている。

 飲食・フード産業に特化した求人サイト「クックビズ」を運営するクックビズは、飲食企業を対象に、新型コロナウイルスの影響についての調査を実施。「新型コロナウイルス感染者が発生後、店舗の売り上げに影響はありましたか?」という質問をしたところ、「大きな影響が出ている」31.0%、「多少の影響が出ている」20.0%と、半数以上が「影響が出ている」と回答。

 さらに、「今は影響が出ていないが、今後、多少は影響が出そうだ」(20.0%)という回答を含めれば、7割以上の飲食店に影響が出る可能性があることがわかる。しかも同調査は、2月6日~13日に実施されたもの。半月以上たった現在は、さらに影響が出ている飲食店が増えている可能性も高い。

 飲食店向けの予約・顧客管理サービスを展開するTableCheckの仁木有花氏も、現状をこう語る。

「(同社クライアント飲食店での)2020年2月の飲食店向けの予約数は、昨年比で約2割の減少となる見込みです(27日時点での実績を基に試算)。原因はすべて明らかにはなっていませんが、弊社でも新型コロナウイルスによるキャンセルなどが大きな割合を占めると考えています」

 政府がイベントの中止やリモートワーク、公立学校の休校など「自粛」を要請したことで外出を控える人が増えた中、飲食店の状況と対策は、どうなっているのか。

中国人と高齢者が相次ぎキャンセル
「従業員のマスク着用」に悩みも

銀座 瀬里奈
銀座にある日本料理店「銀座 瀬里奈」も、新型肺炎の影響を受けている Photo:Diamond

「1月下旬以降にキャンセルが相次ぎ、2月3日頃から急激にお客様が減少した。昨年の同じ時期より、(客は)2割ほど減っている」(銀座 瀬里奈・田坂支配人)

 銀座 瀬里奈は、しゃぶしゃぶや炭火焼きステーキなどを食せる日本料理店。しかも銀座の中央通りに面している場所柄、多くの外国人が訪れる。今回の騒動が起こるまでは、海外からの顧客が30%を占めており、そのうち80%が中国人だったという。しかも中国人の観光客は、神戸牛を求めて来店する人も多く、客単価も高いそうだ。