――筆者のグレッグ・イップはWSJ経済担当チーフコメンテーター ***  米大統領選の民主党候補者指名を争うバーニー・サンダース上院議員は、2月29日のサウスカロライナ州予備選では苦戦したものの、急速に勢いを増している。これにより米企業はかつて思いもよらなかった事態に直面している。長年にわたり資本主義と大企業を声高に批判してきた人物が、世界で最も影響力を持つ政治家にもうすぐなる可能性があることだ。  現・元企業経営者やアナリストらは、そうした可能性を懸念や懐疑心、不信感が入り交じった感情でみている。