新しい生活を始める
前段階の客層から熱く支持

 では同社のこの「OYO LIFE」はどんなお客さんに人気があるのだろうか?

「OYO LIFE」の特長は初期費用が安いこと、部屋探しから契約まで全てスマートフォンのアプリ上でできること、さらには短期間からの利用(最短31日から)が可能であることだ。

 これにより、単身赴任など短期的な引っ越しが必要な人や、まさに旅をしながら日本を楽しむ外国人観光客など、幅広い客層から支持を得ている。自国で起きた災害や病気の流行などからの避難のために、日本で「OYO LIFE」を使う方もいるとのことだ。

 しかし意外と人気を集めているのは「新しい生活を始める前段階にある人たち」だという。

 お互いが実家や寮などに暮らすカップルが結婚する前提のとき、「OYO LIFE」で数カ月部屋を借りて、お互いのこれまで知ることがなかった生活様式などを目にする。そこでお互いをしっかりと理解した上で結婚することが可能だ。

 また同社物件の70%を占める「家具付きの部屋」は、今後新生活で家財道具をそろえる際のサイズ感などを知るいい機会となることだろう。

 結婚前のカップルが、お互いを知るためにこのサービスが大きく役立ちそうなのは言うまでもないが、逆もしかりだ。

 別居をして離婚をするか、また元の結婚生活に戻るかを真剣に考える夫婦にも「OYO LIFE」のサービスは人気がある。

 以前ドラマなどでよく見かけた「私、実家に帰ります!」と荷物をまとめて帰ることは、今では以前より困難なものとなっているらしい。楽しみが多様化した現代では、親だって子育てが終わった今は、自身の生活をエンジョイしていることが多いのだ。

 夫婦間の問題は夫婦間で解決してほしいというのが親の本音ということだ。

 そこで「OYO LIFE」の登場だ。誰にも迷惑をかけず干渉もされず、「夫婦間のこれから」を落ち着いて考えるのには最適な環境なのだ。さらに前述の通り、同社物件の70%は家具付きだ。別居期間中、どちらがどの家電、家具を使うかなどで「余計ないさかい」を誘発する可能性をかなり減らせる。

「引っ越しを容易にする」というのは、生き方が多様化した現代に強く求められているのかもしれない。旅をするように暮らすことは、誰にとってもこれからの生き方として悪くない。

(ジャイアント佐藤/5時から作家塾(R))