米大統領選に向けた民主党候補指名争いの山場となる「スーパーチューズデー」での大敗を経て、ジョー・バイデン前副大統領とバーニー・サンダース上院議員(バーモント州)に大きく差を開けられたエリザベス・ウォーレン上院議員(マサチューセッツ州)が、今後の出方を検討している。  側近によると、ウォーレン氏は4日、前日の予備選で3位に終わった地元のマサチューセッツ州に入り、「今後の方針」を検討している。