報道陣に囲まれながら広島地検に向かう河井案里参院議員の秘書
報道陣に囲まれながら広島地検に向かう河井案里参院議員の秘書(中央、3月3日撮影) Photo:JIJI

昨年7月の参院選で初当選した自民党の河井案里参院議員(46)=広島選挙区=の選挙を巡り、広島地検は3日、運動員に法定上限を超える報酬を支払ったとして、公職選挙法違反(買収)の疑いで、案里氏や夫で前法相の克行衆院議員(56)=自民、広島3区=の公設秘書ら3人を逮捕した。新聞・テレビは「連座制適用で案里議員が失職か否か」を焦点にしているが、永田町や霞が関、平河町はそんなことに無関心で、もっぽら「官邸vs検察」の行方に注目している。(事件ジャーナリスト 戸田一法)

悪質な違反は連座制で当選無効

 逮捕されたのは、案里氏の公設秘書立道浩容疑者(54)と克行氏の政策秘書高谷真介容疑者(43)、参院選の選挙事務所スタッフ脇雄吾容疑者(71)。

 3人の逮捕容疑は昨年7月19~23日、案里氏の選挙事務所などで14回にわたり、選挙カーでアナウンスを担当する運動員14人に総額204万円を渡すなど、日当1万5000円を超える報酬を渡した疑いだ。

 広島地検は3容疑者の認否を明らかにしていないが、いずれも容疑を認めているとみられる。

 昨年7月の参院選広島選挙区を巡っては、自民党が2議席独占を狙って6期目を目指したベテランの溝手顕正元国家公安委員長と新人の案里を擁立。