教員いじめ問題の懲戒処分に関する会見で謝罪する神戸市教育委員会の長田淳教育長(手前から2人目)
教員いじめ問題の懲戒処分に関する会見で謝罪する神戸市教育委員会の長田淳教育長(手前から2人目)(2月28日撮影) Photo:JIJI

神戸市教育委員会は2月28日、市立東須磨小学校の教諭4人が後輩の教諭に暴行や暴言などを繰り返していた問題で、弁護士3人の調査委員会が多数の悪質な嫌がらせを認定した蔀俊教諭(34)と柴田祐介教諭(34)を免職、女性教諭(45)を停職3カ月、男性教諭(37)を減給10分の1(3カ月)とする懲戒処分を発表した。兵庫県警は暴行容疑などで詰めの捜査を進めており、4人は近く書類送検されるとみられる。(事件ジャーナリスト 戸田一法)

原因は「加害教諭の資質」

 4人のほか、調査委の報告でハラスメント行為が判明した女性教諭(40)に懲戒ではない文書訓戒処分とした。

 また、パワハラが認定されたほか威圧的な態度で教諭らが相談しにくい環境にしたとして芝本力前校長(55)を停職3カ月、市教委への報告が不十分で問題への対応も不適切だったとして仁王美貴校長(55)を減給10分の1(3カ月)、教諭間の人間関係を的確に把握していなかったとして藤原高広元校長(62)を戒告とした。

 処分に先立ち、調査委は同21日、映像が拡散し批判のきっかけとなった男性教諭(25)に激辛カレーを無理やり食べさせるなど、計125項目の暴力や暴言、セクハラなどを嫌がらせ行為と認定する報告書を公表した。