ドミニク・チェンの本職は?(写真はイメージです) Photo:PIXTA

ドミニク・チェンとは
何者なのか?

 この本、HONZの、そして新潮社の編集者でもある足立真穂から送られてきた。ドミニク・チェン、最近、ときどき目にする名前だが予備知識はまったくない。「ドミニク・チェンって何者なん?」とメッセージを送ったら、「それを聞かれるので書いてもらった一冊です」と返事が来た。さすが敏腕編集者、あざといことを言う。

『未来をつくる言葉:わかりあえなさをつなぐために』書影
『未来をつくる言葉:わかりあえなさをつなぐために』 ドミニク・チェン著 新潮社刊 1980円(税込)

 そして『未来をつくる言葉:わかりあえなさをつなぐために』を読んだ。ドミニク・チェンが何者かがわかったかと尋ねられると、返事に窮してしまう。もちろん、その経歴や仕事、考えなどについてはある程度知ることができた。しかし、本当にわかったかといわれると、そうとは答えにくい。

“コミュニケーションとは、わかりあうためのものではなく、わかりあえなさを互いに受け止め、それでもなお共に在ることを受け容れるための技法である。「完全なる翻訳」などというものが不可能であると同じように、わたしたちは互いに完全にわかりあうことできない。それでも、わかりあえなさをつなぐことによって、その結び目から新たな意味と価値が湧き出てくる。”

 本の最後近くに出てくる文章である。こんな結論を持つ、「わかりあえなさをつなぐために」と副題がつけられた本を読んでよくわかりましたと答えたりしたら、わたしはアホですというのと同じではないか。