「ヒートテック」はなぜ暖かいのか?(写真はイメージです) Photo:PIXTA

常に変化し続ける環境や科学技術の進歩に伴い、複雑化する現代。しかし、そういった自然現象や科学技術を紐解いてみると、自分たちの身の回りにあるモノや出来事に置き換えて説明することができるのです。そこで今回は、左巻健男東京大学講師の『科学はこう「たとえる」とおもしろい!』(青春出版社)から、自然現象や科学現象がより身近に感じられる「たとえ」をいくつか紹介します。

「ヒートテック」はなぜ暖かい?

 古くから、羊毛(ウール)の繊維は、人体から出ている水蒸気を吸収して水にする能力が高く、その時の凝縮熱で温かくなる性質がありました。しかし、羊毛は「高価格・モコモコしてしまう・家庭で洗濯できない」という難点がありました。そこで、羊毛などよりも繊維を細くし全体の表面積を増やすことで水分を多く含むようにした合成繊維が開発されました。これが「吸湿発熱素材」です。

 日本では、2003年にユニクロが「ヒートテック」を発売し、定番商品となりました。化繊メーカーでは、水分吸収率が低い化繊にいかに多くの水蒸気を捉えさせるかでしのぎを削っています。なお、吸湿発熱素材でも、水分が飽和すればむれるし、冷えてしまいます。

 吸湿発熱素材を活かすためには保温性が重要です。保温性には空気が大いに関係しています。ウールのセーターを例にとると、網目が粗いため通気性がよくてスースーするように思いますが、ウールは熱伝導率が低いために冷やされにくく、細かいケバが空気を留めるために網目にある空気が移動しにくく体温を保持する効果が高いです。このため、体温によって温められた網目の空気が体をおおい、外気をさえぎってくれます。