ソースネクストの「ポケトークS」
ソースネクストの「ポケトークS」。空港にて

海外旅行ガイドブックの決定版『地球の歩き方』から、海外旅行に持っていきたい最新の「音声翻訳機」の情報をお届けします。海外旅行の必需品は時代とともに変化していますが、最近注目を集めているアイテムが「音声翻訳機」。話しかけるだけで、指定した言語に翻訳し音声やテキストで表示してくれるので、外国語が苦手なトラベラーの必需品となっています。そんな音声翻訳機のなかでトップシェアとなっているのが、ソースネクストの「ポケトークシリーズ」です。今回はそのなかでも、最新モデルの「ポケトークS」を紹介します。(文/中山 智、写真/中山 智、ソースネクスト)

本体はコンパクトで手のひらサイズ

手のひらサイズ
手のひらサイズでコンパクト

 ポケトークSの本体サイズは約53.8(W)×11.5(D)×91.3(H)mm。最近のスマートフォンと比べるとふた回りほど小さく、手のひらに収まります。重さも約75gと軽量なのでポケットに忍ばせておいても邪魔にならないのがポイント。ディスプレイのサイズは2.8インチで、タッチ操作対応のパネル。翻訳されたテキストなどをチェックするには十分の大きさです。

 本体前面のディスプレイ下に配置した翻訳時に使う大きなボタンのほか、右側面に電源ボタンと音量調整ボタンがあるだけなので、ほぼスマートフォンと同じ感覚で操作できます。本体底面には充電用のType-C端子とストラップホールも用意。長めのストラップをつけて首からぶら下げておけば、海外での盗難防止にもなるので重宝します。

電源ボタンと音量調整ボタン
電源ボタンと音量調整ボタンは本体右側面に配置
充電用のUSBはType-C
充電用のUSBはType-Cで、そのそばにストラップホールがある