イランまたは同国が支援する勢力がイラク駐留米軍への本格的な攻撃を計画している可能性があることが、米国が中東地域で得た情報から分かった。この情報を監視している当局者らが明らかにした。  米政府当局者は1日、「かなり深刻な事が進展しつつあることをわれわれは確認している」と述べた。情報はここ2週間ほどで収集されたもので、「間もなく何かが起こるとみている」。  カタイブ・ヒズボラなどのイスラム教シーア派武装組織はここ数週間、イラク駐留米軍を標的としロケット弾を繰り返し打ち込んでいる。