それは、「オリンピックを来年やるぞ!」とぶち上げることではない。いまはオリンピックなど白紙にして、とにかく新型コロナウイルスを克服する、それを最優先に行動する、それしかないのではないか。

 それなのに、IOCと日本政府、東京2020組織委員会はまるで新型コロナウイルスを征服するのは既定の事実といわんばかりに、「来年の祝祭」の準備を始めている。

 本来なら、「いまはオリンピックの開幕日など議論すべき時ではない」「まずは世界のスポーツ界がこぞって、新型コロナウイルスの感染防止に全精力を傾け、それを実現する」と宣言するのが本来の在り方ではなかっただろうか。

日程が発表されたことで
一流アスリートは活発に動く状況に

 いつになるのかわからないが、世界的規模で新型コロナウイルスの終息が確認され、安心して国を越えた移動ができるようになった時点で、「東京2020」が実施できるのかどうか、それからどのくらいの準備期間があれば開催が可能なのか、決めればよいことだった。その時期が来年夏よりも遅くなるのであれば、その時点で中止が決められてもやむをえない。もっと言うなら、こうした発想から言えば、現時点で東京2020の中止を決めることもやはり賢明な判断ではなかったかと改めて思う。

 2020東京オリンピックの開催日程が決まれば、すでに代表に決まっている選手やこれから最終決定に臨む選手は、今日この時も、最善の努力をしなければならないし、休む気持ちにはなりにくいだろう。つまり、日程を決めたことで、世界全体が活動をひそめて感染防止に臨んでいる中、一流アスリートだけは活発に動くという危険な状況を誘発しているのだ。

 代表選手たちが新型コロナウイルスに感染せず、キャリア(ウイルスにも感染しても発症しない人)にもならないならいいだろう。しかし現実に、選手たちの感染が確認され、スポーツジムや体育館、スポーツチームなどがクラスターになっているのだ。せっかく世界中の人々が我慢して感染防止に努めているのに、オリンピアンたちが一部で火に油を注ぐ活動をしているなど、愚の骨頂ではないか。

 それをIOCも日本政府も東京2020組織委員会も気づかないのか?

 この罪は大きい。

 一体、どんなスポーツマンシップ、スポーツインテグリティーを持っている人なのか。いや、まったくそのような矜持も誇りも持ち合わせていない人たちや組織が、東京2020を運営しているのだと、今回の件で改めて浮き彫りになった。

 このような不信感は私だけが抱くものではないようだ。