コロナ,整理収納
在宅時間の長くなった家族に、イライラしていませんか? Photo:PIXTA

家でくつろいでいる家族に
イライラし始めたら危険信号

 新型コロナウイルスの影響で、たくさんの方の生活が一変しました。テレワークの推奨や外出自粛によって家族の在宅時間が増えたことで、自分の生活のペースが乱され、家で落ち着いて過ごせなくなったと感じている人も多いのではないでしょうか。

 きっと掃除・洗濯・料理は、全般的に量やタイミングが大きく変化して、負担が大きくなっているはずです。

 それにプラスして、片づけに関して言えば、

「出ている物の量が増える」
「それぞれが思い思いに過ごしているので、すべて片づいてすっきりすることがない」
「常に誰かが何かをやりかけている状態なのが目に入る」

 というような状況が増え、あちこちの家庭でフラストレーションが生じているようです。

 複数の人が一緒に暮らす以上、ある程度のことは仕方がないとはいえ、「片づけきれていない未完了の状態」が続くストレスは想像以上に大きいもの。いつも通りに過ごしているだけの家族にイライラするようになったら、それは危険信号です。あなたのピリピリした様子を家族も感じ取って、家全体に不穏な空気が流れているに違いありません。

 この状態を解消するために、まずは発想の転換をしてみませんか。

 がんばって片づけて、または片づけさせて「未完了→完了」を目指すのではなく、「未完了」の落ち着かない状態が気にならなくなる方法へかじを切りましょう。今回は、そのための3つの方法を解説します。