オーケー二宮涼太郎代表取締役社長
オーケー二宮涼太郎代表取締役社長 Photo by Kazuhiko Kurabe

大手総合スーパー各社が大幅な売り上げ減少で苦戦する中、売り上げを10年で約2倍の4000億円規模にまで拡大させるなど、絶好調なのがオーケーだ。低価格はもちろん、30年以上前からレジ袋は有料、特売はしないなど、業界の常識を覆すような取り組みで32期連続の増収と、長い間成長を遂げてきた。では、4年前に社長に就任した元商社マンの二宮涼太郎社長は、どのように近年の成長を築いてきたのか。(構成/ダイヤモンド編集部 林 恭子)

高品質・エブリデイロープライス
これがオーケーの生きる道

 私たちオーケーはこの数年で新規出店を強化していて、15年は5店舗、それ以降は年間10店舗ほどのペースで出店を続けています。2009年末に55店舗だった店舗は、20年3月末には122店舗になりました。

 ですが、だからといって何か特別な戦略を立てているわけではありません。新店をオープンしてもお客様に支持されなければ、会社として健全な成長はできませんから、既存店でずっとやってきている「高品質・Everyday Low Price(エブリデイロープライス)」を新店でも徹底していく。そして、オーケーファンを増やす。それだけです。

 スーパーマーケットの中には最近、価格競争に巻き込まれないように、独自路線を進むところもあります。それぞれの価値観、戦い方があるでしょう。ですが、お客様がオーケーに期待していて、私たちも応えたいのは、高品質・エブリデイロープライス。だから、最後まで低価格にこだわりたいと思っています。

 ただし、安かろう悪かろうではいけません。エブリデイロープライスの前に「高品質」を置いているのは、高品質を最も大事にしているから。本当においしい、便利だと思えるものをどこまで安くできるか。高品質・エブリデイロープライスが、我々の生き残る道だと思い、日々、徹底的に磨いています。