「糖質を摂取しなければがんが小さくなる」、
「にんじんジュースには抗がん作用がある」、
「血液クレンジングはがん予防に有効」……。

インターネットにあふれているこのような話には、明確な効果が期待できません。しかし、これらを信じてしまい、怪しい業者に大金を払ってしまったり、病院で治療を受けるのをやめてしまったりして命を危険にさらす患者さんが後を絶ちません。

国民の2人に1人が生涯のうち一度はがんになる時代になり、がんは身近な病気になりました。しかし、がんについて学ぶ機会はほとんどありません。仮にがんと告知され、心身共に弱り切った状態でも、怪しい治療法を避けて正しい治療法を選ぶにはどうしたらいいのでしょうか。

このような「トンデモ医療情報」の被害を抑えようと情報発信をしている3人の医師・研究者が書いたがんの解説本が、ついに発売されました。新刊『世界中の医学研究を徹底的に比較して分かった最高のがん治療』は、発売前の3/27からアマゾンの「ガン」カテゴリで1位を取り続け、SNS上で大きな話題になっています

医療データ分析の専門家である津川友介UCLA助教授、抗がん剤治療のパイオニアである勝俣範之日本医科大学教授、がん研究者である大須賀覚アラバマ大学バーミンガム校助教授の3人が、それぞれの専門分野の英知を詰め込んで、徹底的にわかりやすくがんを解説。読めば必ず正しい選択ができる一冊に仕上がりました。

本書の刊行を記念して、本書の内容および、津川友介氏、勝俣範之氏、大須賀覚氏による発刊前に行われた講演を再構成した記事をお伝えします。(構成:野口孝行)

Photo: Adobe Stock

「緩和ケア=終末期医療」
というイメージは誤り

 がんの標準治療のメインは、手術、抗がん剤、放射線治療の3つです。ただし、標準治療はこの3つだけではありません。忘れてはいけない治療がもう1つ存在する。それが、緩和ケアです。

 緩和ケアについては、日本ではまだまだ知られていません。事実、緩和ケアというと、「終末期にやるもの」「治療をあきらめた人がやるもの」といった間違った見方が根付いています。

 しかし世界の最新状況に目を向けると、緩和ケアは治療効果があるというデータが米ハーバード大学で行われた研究によって得られています(*1)。この研究では「ランダム化比較試験」というエビデンスレベルが最も高い方法が使われていて、信頼に値するものです。

 この研究では、手術適用のないステージ4の進行肺がんの患者をランダムに分け、通常の抗がん剤治療を受けるグループと、抗がん剤治療と並行して緩和ケアチームが月1度のサポートをするグループを分け、患者さんの経過がどうなるかを比較しました。

 試験が終了すると、緩和ケアを受けたグループの患者さんの生活の質(QOL)が上がったという結果が得られました。緩和ケアチームのサポートを受けたグループでは、うつ症状が軽減したり、亡くなる60日以内の抗がん剤治療の日数が減少するという効果も確認されています。

 進行がんになった患者さんで、亡くなる直前に抗がん剤を投与してほしいという人はいません。ですが、専門医であっても余命を正確に見極めるのは難しい。加えて、最期まで元気な患者さんが多いため、亡くなる直前まで抗がん剤治療をしてしまいしがちです。そんななか、この試験では、緩和ケアチームがしっかりとサポートすると、ムダな抗がん剤投与を減らせたという結果が得られたのです。

早期の緩和ケアを導入すると
2.7カ月の延命効果があった

 しかも、緩和ケアを早期に導入した結果、2.7ヵ月の延命効果があったと言うのです。この「2.7カ月の延命効果」は短いと思われるかもしれませんが、これだけの効果を得るのは簡単なことではありません。ノーベル生理学・医学賞受賞の本庶先生が開発に携わったオプジーボの肺がんに対する生存期間の延長効果は、2.8カ月と報告されています(*2)。

 この2つの臨床試験の結果は対象が異なりますし(早期緩和ケア試験では初回治療、オプジーボ試験では二次治療)、患者数や試験の評価項目が異なるため(早期緩和ケア試験では主に生活の質改善を狙っていた)、単純に比較することはできません。

 しかし、緩和ケアを導入することが、抗がん剤と同じような治療効果をもたらす可能性があると発見されたのは、非常に画期的なことです。それも、副作用のほとんどない緩和ケアで生存期間を2.7カ月も延長させるのは驚くべきことであり、世界中のがん治療医に衝撃をもたらしました。しかし、日本ではほとんど報道されず、緩和ケアに対する考え方は旧態依然としたままです。

 緩和ケアも標準治療の1つ。最後の最後まで治療は続くというメッセージを、私たちのような医師は丁寧に患者さんに伝えていかなくてはなりません。

参考文献
*1 Temel JS, Greer JA, Muzikansky A, Gallagher ER, Admane S, Jackson VA, Dahlin CM, Blinderman CD, Jacobsen J, Pirl WF, Billings JA, Lynch TJ (2010) “Early palliative care for patients with metastatic non-small-cell lung cancer,” N Engl J Med; 363(8): 733-42.
*2 Borghaei H, Paz-Ares L, Horn L, Spigel DR, Stein.s M, Ready NE, Chow LQ, Vokes EE, Felip E, Holgado E, Barlesi F, Kohlhaufl M, Arrieta O, Burgio MA, Fayette J, Lena H, Poddubskaya E, Gerber DE, Gettinger SN, Rudin CM, Rizvi N, Crino L, Blumenschein GR Jr, Antonia SJ, Dorange C, Harbison CT, Graf Finckenstein F, Brahmer JR (2015) “Nivolumab versus Docetaxel in Advanced Nonsquamous Non-Small-Cell Lung Cancer,” N Engl J Med; 373(17): 1627-39.