可能性も楽しみも、そしてやりがいもある。それが副業(写真はイメージです) Photo:PIXTA

近年、「働き方改革」の一環として以前よりも奨励・促進されている副業。さらに老後資金など将来への不安がある今、副業への関心がより高まりつつあります。一方で、「副業=特技や実績がないと難しい」というイメージが強く、一歩踏み出せない人も多いのではないでしょうか?そこで今回は、フリーランス成功実現アドバイザー中山マコト氏の『50代から自分を生かす 頭のいい副業術』(青春出版社)より、自分の経験やキャリアを無理せず生かせる副業術について実例を交えて紹介します。

「副業」を始めるのに華やかな経験や実績は必要ない!

 副業とは「経験知」を生かす仕事です。普通、経験「ち」というと「値」と書きますが、私は「知」を使います。経験したことがすべて「知識になり」、未来を手助けしてくれるからです。そして、その経験知をお金に換えてくれるのが副業なのです。

 こんな話を特に50歳を過ぎた方にすると「私にはそんな経験なんてありませんよ」と言う方が多いです。平凡なことしかやってきていないのだ、と…。ですが、副業に「派手で華やかな経験」なんて必要ありません。下手をすると、そうした「過去の栄光」が、逆に縛りになってマイナスに作用するかもしれないのです。

 目覚ましい実績がなくても大丈夫。逆に平凡、普通だからこそ可能性が高まる!そうとすら言えます。実際、私のところに相談に来た方でも、多くはそんな派手な実績は持っていない方がほとんどです。