☆たった2ヵ月で、体重12kg、ウエスト13cm、太もも10cm減!(47)
☆13kg減で同僚の“扱い”が劇変!“美魔女コンテスト”ファイナリストに!(54)
☆食事制限なしで12kgダイエットにラクラク成功したパティシエ(55)
☆歩き方を変えただけで、なんで、私が、“美魔女コンテスト”グランプリ!?(43)
☆座り仕事でも、お尻が1個分上がった、元ナンバーワンホステス(36)
☆遺伝とあきらめていた「О脚劇的改善」であこがれのモデルに!(31)
☆80代でもウエスト7cm減!(80)
30代~80代まで、アンビリーバブルな劇的変化を可能にしたのが「やせる3拍子ウォーク」という新メソッド。
開発者は、ウォーキングスペシャリストとして6万人を指導してきた山口マユウ氏だ。
やり方は極めてシンプル!
3歩目の歩幅を広げるだけ!
しかも、ムリな食事制限は一切なし!
家で・テレビを見ながら・通勤通学・仕事中にできるという「3拍子ウォーク」。
はたして、本当なのか?
女優やモデルだけでなく、一般人を数々のコンテストの「グランプリ」や「ファイナリスト」に育成する手腕が今、注目されるマユウ氏。
その大人気講座を一冊に凝縮した、初の著書『医者が絶賛する歩き方 やせる3拍子ウォーク』が、発売たちまち話題となっている。
“コロナショック”で家に閉じこもりがちな人も、さすがに「下腹」が気になってきたかもしれない。
6万人を変えたマユウ氏に、やせるだけでなく、人生を変えた受講生を紹介してもらおう。
(構成・寺田庸二)

Photo: Adobe Stock

菊地紀衣(きくち・のりえ)さん(34)

職業:FM愛媛ラジオパーソナリティ(元保育士)
体重:55kg→51kg(4kgダウン)
身長:170cm
変化期間:6ヵ月

29歳という微妙な年齢

山口マユウ
山口マユウ(やまぐち・まゆう)
ウォーキングスペシャリスト/一般社団法人 日本DF WALK 協会代表理事/テレビ通販の完売女王
1969年、和歌山県生まれ。「90歳になってもハイヒールの履ける(ゴルフができる)人生を」をモットーに、これまで6万人以上を指導。タン・タン・ターン♪と3歩目だけ手の人さし指1本分(約8cm)、歩幅を広げるだけで楽しく続く「やせる3拍子ウォーク」が「再現性と即効性がある」と受講生に大人気。モデル・女優・各種企業・学校・行政からの信頼も厚く、社員研修、講演も高いリピート率を誇る。一般社団法人 日本DF WALK協会を立ち上げ、日本と中国で認定ウォーキングインストラクターを育成。女優やモデルだけでなく一般の人たちを数々のコンテストのグランプリやファイナリストに育成する手腕が注目を集めている。2011年、自らも第4回『ミセス日本グランプリ』40代グランプリ。「ビビノバスリムサポートインソール」をプロデュースし、ディノス通販売れ筋ランキング「バッグ・靴・アクセサリー部門」第1位、テレビ通販QVCジャパン売れ筋ランキング「健康・ダイエット部門」第2位。QVCジャパンでは、出演するたびに完売が続いている。メディア出演多数。本書が初の著書。【一般社団法人 日本DF WALK 協会HP】

ウォーキングスクールって、
どんな人が通っているのだろう?

モデルになりたい人?
健康のために歩きたいおじいちゃんやおばあちゃん?

世間の人たちは、だいたいこんなふうに考えています。

もちろん間違いではありません。
いろいろな方々がいます。

そんななか、多いのは30歳前後の女性です。
まわりは結婚して子どもを授かる頃。
婚活しようか、バリバリ仕事のできる
女性になろうか、考え悩む時期です。

私の場合は、29歳のとき、
50歳の自分をイメージしていました。

その頃の私は、
2人の子どもたちが幼稚園に通い始め、
自分の時間を少しだけ持てる
ようになっていました。

男の子と女の子の成長過程を楽しみながら、
忙しくもあるけれど、
自分が50歳のときには
子どもたちも社会人となり、
私自身が、何か趣味や特技を
持っておかないと、
ポツンと一人、
取り残されるような気がしたからです。

そんなとき、
今の仕事となるウォーキングに出会いました。
その頃は、まさかこの仕事に
どっぷりのめり込むなんて
思ってもいませんでした。