・お腹は気になるが、時間やお金をかけたくない
・運動はしているが、お腹の悩みを解決できない
・お腹を凹ませて、人生を変えたい
 そんな方のために、好きなものを食べても運動しなくてもやせて、腰痛、猫背などの不調も改善する「合理的な方法」をお伝えしていきます。ビジネスと同じで、まずお腹が出る原因を探り、目標を設定すれば、とるべき手段が明確になり、おのずと結果はついてくる、そんな方法です。

ターゲットである場所は
使えているか?

植森美緒(うえもり・みお)
1965年生まれ。健康運動指導士。ダイエットに失敗した10年間の経験を生かし、リバウンドしない方法を提唱。自らもそれを実践し、最大60kgから14kg減量した体型を維持している。スポーツクラブ、カルチャースクール、専門学校、整形外科、自治体、健康保険組合、企業、女性誌など多彩なステージで活動を重ねている。実践のしやすさと続けやすさをモットーにしたセミナーは、その場で効果を実感できる点が参加者からも好評。著書に、『30秒ドローイン!腹を凹ます最強メソッド』監修:石井直方(高橋書店)、『腹だけ痩せる技術』(メディアファクトリー新書)、『世界一簡単な「くびれ」の作り方』(PHP文庫)など多数。

 ウエストがゴムの洋服ばかり着るようになった女性のお腹が、食生活は変わらないのにみるみる太くなることがあります。お腹が出る本質的な原因は、お腹を引っ込めるための筋肉を「使えていない」または「使っていない」からなのです。筋肉はゴムのように伸び縮みしますが、普段から筋肉を縮ませないでいると、お腹周りを締めておく力が弱くなり、結果としてお腹が出ます。加齢や、お腹を引っ込めることのない生活習慣によって、その力は衰えていくのです。

 内臓を除き、人間の筋肉は基本的に自分の意思で動かせるようにできているのですが、あなたのお腹の筋肉はどうでしょうか。

 取り急ぎ、あなたのお腹の凹ませるべきターゲットとなる場所を自分の意思で動かせるかどうかを、チェックしてみてください。

 鏡を見ながら行うのがベストですが、今、鏡の前でお腹を出すことが難しい場合は、あなたのターゲットである場所を触りながら、できるだけ大きくお腹を引っ込めてみます。引っ込む手ごたえがしっかりあって、お腹が動くのがはっきりわかれば、おめでとうございます。とりあえず「使えている」と考えてOKです。

 引っ込めているつもりなのだけれど、力が入らない、ほとんど動かないとしたら、「使えていない」、つまり、自分の意思でコントロールができていないと考えられます。常日ごろ収縮させていないことでゴム状の筋肉がゆるみ、その結果お腹が出て、「使っていない」ために周辺に脂肪がたまっているのです。お腹を懸命に凹ませようとしても、下腹があまり凹まない、ピクリとも動かない、ということは、やせているのに下腹だけぽっこりと出ている人には、よくあることです。

 私の知る限りほぼ例外なく、お腹の動きがよくない場所ほどお腹が出て脂肪がついているものなのですが、あなたのお腹はどうだったでしょうか。