こんなときだからこそ、アナログな紙の「営業レター」が効果的?
コロナ禍の今こそ、アナログな紙の「営業レター」が効果的?(写真はイメージです) Photo:PIXTA

新型コロナウイルスの感染拡大で、多くの営業職は顧客を訪問したり、面談したりすることができず、苦戦を強いられているようだ。しかし、こんなときこそ、役立つ営業手法がある。それはお客さんに役立つ情報を、あえて郵便などの紙の手紙で送る「営業レター」というものだ。その重要なノウハウや心構えとは。(営業サポート・コンサルティング代表取締役、営業コンサルタント 菊原智明)

コロナ禍で
制約を受ける営業活動

 ご存じの通りコロナウイルスの影響で働き方が一気に変わってしまった。自由に出社ができなくなったため、自宅で仕事をしたり、テレワークをしたりする人が増えている。

 営業活動も例外ではない。これまで営業活動といえば、

・飛び込み訪問をする
・会社でお客様先へ電話をかけアポイントを取る
・得意先に顔を出して注文を取る

 などだった。