世界各国の政府が3月に市民に対して巣ごもり生活をするよう告げた際、英ウェールズ在住のジェス・クリップスさん(30)は「ロックダウン(都市封鎖)中にしたいことリスト」を作成した。「ようやく、じっくりとかぎ編み針を学べる」。図書館のアシスタントとして働くクリップスさんはそう思ったという。さらにタマネギの酢漬けを作ることも計画していた。  だが、いまだにかぎ針を手に持ってもいなければ、タマネギを漬けてもいない。ウェブカメラがそれを阻んでいるからだ。  暇なロックダウン期間を利用して面倒なことに手を付けようという決意は果たされずにいる。