家から追い出され在宅勤務命令を無視して会社で仕事をしたら懲戒処分の対象となるのか(写真はイメージです) Photo:PIXTA

新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、在宅勤務に取り組む企業が増えている。一方で、夫婦で過ごす時間が増え、収入減や家事のストレスなどから、夫婦ゲンカなどのトラブルも増えている。では、家に居づらいからといって、在宅勤務命令を無視して会社で仕事をしたら、それは懲戒処分の対象となってしまうのだろうか。(社会保険労務士 木村政美)

<甲社概要>
 首都圏にある食品専門商社。従業員数200名。
<登場人物>
 :35歳。総務課主任。新型コロナウイルス感染防止のため、緊急事態宣言後から在宅勤務になった。
 :32歳。Aの妻で専業主婦。3月下旬まで近所の飲食店で週15時間のパート勤務をしていたがコロナの影響で店が閉店となり解雇された。
 :40歳。総務課長。
 :甲社の社長。
 :Cの学生時代の友人で社労士。

夫の在宅勤務で
妻の不満が爆発

「今日の昼ご飯は何?」
「ふざけないで!昼ご飯くらい自分で作って!」
「無理だよ。俺は今、家にはいるけど勤務中なんだから」
「あ、そう。だったら昼休み時間に近所のコンビニでカップラーメンでも買って食べて」
「何だと!」