米グーグル親会社アルファベットが28日公表した1-3月期(第1四半期)決算は、増収を維持した。新型コロナウイルス流行により、米企業は大きな打撃を受けているが、ハイテク大手はうまく乗り切っていることを示唆した。  総売上高は前年同期比13%増の412億ドル。ファクトセットがまとめた市場予想は408億ドルだった。  決算の発表を受けて、アルファベットの株価は時間外取引で3%値上がり。  利益は前年の66億ドルから80億ドルに増えた。収益の柱であるネット広告の市場では、旅行や小売り業界などが広告出稿を大きく減らしている。