米連邦準備制度理事会(FRB)は29日、連邦公開市場委員会(FOMC)後に公表した声明で、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)により米経済は悪化しており、景気回復を支えるため積極的な行動をとると表明した。  声明では、FRBは「この厳しい状況の中で、米経済を支援するため、あらゆる手段を講じることに注力している」と指摘。  「現在進行している公衆衛生の危機は短期的に、経済活動や雇用、インフレ率を強く圧迫する見込みで、中期的な経済見通しに対する著しいリスクとなっている」との認識を示した。