米配車サービス大手ウーバー・テクノロジーズは追加の人員削減と多数のオフィス閉鎖に乗り出す。また、物流事業から自動運転技術に至るまでさまざまな分野における事業を見直している。ダラ・コスロシャヒ最高経営責任者(CEO)は新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)を切り抜けようと試みている。  コスロシャヒ氏は18日の従業員向け電子メールで、45カ所のオフィス閉鎖のほか、3000人を追加削減する計画を発表した。同社はわずか2週間弱前に、約3700人の人員削減や固定費10億ドル超の削減計画を明らかにしたばかり。