髪を切らなくても新しい自分になれる!
自宅でサロン級の満足度のセルフテクニック公開

美容室に行かなくても、髪を切らなくても、髪の印象をガラッと変える方法があると言ったら、どうしますか? 切らないほうがかわいくなると言われたらとうでしょう。
InstagramとTikTokのフォロワー数27万人超えの美容師・小西恭平は、初の単行本『あなたは髪を切らなくても変われる』のなかで、美容師でありながら「髪を切らなくても新しい自分になれる」と断言しています。
この連載では、誰でも必ずかわいくなれる、「シンプルなのに、どこかおしゃれ」な髪型を、自宅にいながら自分でつくる方法をお伝えしていきます。

Photo: Adobe Stock

髪の長さを変えずに「かわいい」を作る

 本のタイトルで「髪を切らなくても変われる」と言ったものの、髪を切ることによる変化や効能が多岐にわたることも事実です。
 冒頭でも少し触れましたが、髪を切ると気持ちがぱっと明るくなったり、前向きで新しい気分になれたり、精神面での変化が生まれます。美容室に行った帰り道、街のショーウィンドウに映る自分のヘアスタイルを見てウキウキとうれしくなった経験、みなさんにもありませんか?
 痛みは伴(ともな)わないにしろ、髪を切るということは自分の体の一部を切り落とす行為。もしかしたら、もやっとした邪念なんかも一緒に断ち切る勢いで、気分一新できるのかもしれません。「気分を変えたいから」という理由で美容室に来るお客様は大変多いわけです。

 そのせいか、わかりやすく違った気分になりたいがために「ばっさり切ってください」「長さを変えてください」とオーダーするお客様もたいへん多くいらっしゃいます。たしかに長さを変えれば、いつもと違う自分になるのは明らかだし、友達や周囲からも「切ったんだね」とわかりやすい反応をもらえるかもしれません。

 でも、ちょっと待ってください。今の長さが似合っているのにわざわざ似合わないスタイルにチャレンジするとしたら、おかしな話だと思いませんか?

 もちろん、マンネリや飽きを解消すれば気分は変わりますし、季節によって髪を切りたい気分になることもあると思います。でも、現状の髪をよりハイクオリティなものにすれば、長さを変えなくても、もっとあなたのかわいさが磨(みが)かれるはず。必ずしも美容室に行って髪を切ることだけがすべてではないと、僕は考えています。

 余談ですが、「おまかせで」とオーダーしたお客様の髪を短く切ろうとすると、いやがられることのほうが多かったりします。おまかせと言いながら意外と髪の長さは変えたくないという女性が圧倒的に多いのです。
 そういったときに求められているのは、決まった範囲内での微妙な変化。それは、《ただ髪を切ることで解決する何か》ではありません。わかりやすく劇的な変化ではなく、ちょっとしたマイナーチェンジでこそ、あなたのかわいさがよりいっそう磨かれていくのです。