日本最大級の美容室「EARTH(アース)」の代表取締役國分利治さんと、同社取締役で10万部突破の『年収1億円になる人の習慣』の著者、山下誠司さんの対談をお届けします。
対談第4回目は、次の世代に伝えていきたいことについて、お2人に語り合っていただきました。(構成・藤吉豊、花輪恵)
(こちらは、2019年9月に行われた対談をまとめたものです)

一緒に仕事をしたいのは、他人のために頑張れる人

山下誠司(やました・せいじ)
(株)アースホールディングス取締役
(株)サンクチュアリ代表取締役
日本最大級の240店舗を展開する美容室「EARTH(アース)」を運営する、(株)アースホールディングス取締役[スタッフ3000名、年商180億円]。うち70店舗をフランチャイズ展開する、(株)サンクチュアリ代表取締役も兼任。(株)サンクチュアリは、自社から輩出したフランチャイズ30社とともに、関東、甲信越、東海、北陸、北海道、福岡で展開[スタッフ900名、年商50億円]。
1976年、静岡県生まれ。高校卒業後に上京し、19歳で年収180万円から美容師を始め、31歳で年収1億円を超える。19歳から23歳まで、ほぼ休みなく仕事をし、24歳から39歳までは、始発から終電まで365日、15年間、1日たりとも休みなく仕事。40歳からは、仕事と遊びの壁が、完全になくなる。愛車は、フェラーリ488スパイダー。趣味は「仕事」。

―― フランチャイズオーナーを輩出していく上で、國分社長が大事にしていることを教えてください。

國分:「他人のために頑張れる人」「人のために尽くせる人」を育てることですね。「自分だけよければいい」「自分だけ儲かればいい」と考える人は、うちのグループでは活躍できません。

―― 國分社長から見て、なぜ山下さんはここまでの結果を残せたのだと思いますか?

國分:山下が「EARTH」に入社したばかりのころ、彼から「年収1億円になるにはどうしたらいいですか?」と聞かれたことがあります。

僕は、3つのヒントを与えたのだけれど、そのうちのひとつが、「10年間休みなく働くこと」でした。

結果的に山下は、15年間、休まなかった。僕も若いときは、10年間休みなく仕事をしましたが、山下は僕の記録を破りたくて、15年間、一度も休まなかったんです。

山下は「EARTH」のスタッフの中で、誰よりも「一番になりたい」「誰かの記録を抜きたい」「ギネスに挑戦したい」という貪欲さを持っています。

「仕事が趣味」だと言い切れるくらい熱心で、集中力もあって、誠実で、素直で、見た目も僕よりスタイルがいいから(笑)、誰からも好かれるタイプですよね。上からも下からも、横からも隣の人からも嫌われたことがないと思いますよ。彼には嫌味がないですから。