「100年続く組織」をつくるために必要なこと

國分利治(こくぶん・としはる)
株式会社アースホールディングス 代表取締役社長
1958年生まれ。福島県出身。工業高校を卒業後、地元の縫製工場に就職。19歳のとき、美容師の経営者になることを目的に上京し、東京・新宿の美容室に住み込みで就職。1年半後には店長、5年後には17店舗を管理するマネージャーとなる。その後30歳で独立。葛飾区に「HAIR&MAKE EARTH(ヘアメイクアース)1号店」をオープンする。大型店舗展開で業績を伸ばし、約10年後には16人ものフランチャイズオーナーを育て、総店舗数も100店舗に達する。2007年にはロンドンにも進出。現在、日本全国に240店舗を展開。フランチャイズオーナー104名、総従業員数約3000名にものぼる。著書に、『地道力―目先の追求だけでは、成功も幸せも得られない! (新版)』(PHP研究所)『成功を引き寄せる 地道力―年商200億円、全国200店のFC展開を成功させた社長学』(扶桑社)がある。

―― 山下さんが國分社長から受け継いだもの、そして、次の世代に伝えていきたいものがあれば教えてください。

山下:國分もそうですが、僕らより上の世代の美容師は、創業経営者が多いんです。けれどこれからは、のれん分けした継承オーナーが増えていくと思います。

僕も「EARTH」の、のれん分けの継承オーナーのひとりですが、「継承オーナーでもそこまで新しいことができるのか」と思っていただけるように、先輩たちが築いてきた美容業界の基盤をしっかり継承しつつ、さらなる革新を起こしていきたいですね。

まだ誰も成し遂げていないことにもどんどんチャレンジして、「美容業界の光」のような存在になれたら、と思っています。

それと、労働環境の整備にも力を入れていきたいですね。残念なことに、「美容師になりたい」という人は少なくなっているんです。美容業界を去っていく人もいる。その理由のひとつが、労働環境にあります。

美容師は、お客様の人生を変えることのできる素敵な職業です。それなのに、収入的にも、肉体的にも「割に合わない」と思って辞めていく人がいます。

現実問題として、頑張っても恵まれない職場がまだまだある。ですから、志を持って美容師になった人たちが存分に力を発揮できるように、業界全体で職場環境を見直していくことも必要だと思います。

―― 「100年続く組織」をつくるために大切なことは何だと思いますか?

國分:僕は今60歳なので、経営者としての寿命は、あと5年くらいだと思っているんです。その寿命が来る前に次の世代に引き継いでいかないと、僕と一緒に組織が死んでしまいます。

100年、200年と組織を残していくために必要なのは、経営者のマインドを継承する人物を育てることです。経営者としての僕の寿命が来る前に、僕の考えや会社の理念に共感してくれる人物をたくさんつくっていきたいですね。

(第5回に続く)