「対面」のイメージが強かった婚活でも、オンライン化が進んでいる(写真はイメージです) Photo:PIXTA

Zoomを活用して
お見合いや婚活パーティーを開催

 新型コロナウイルスの襲来は、「婚活」の進め方にも大きな影響を与えた。

 お見合いをしたり、婚活パーティーに参加したり……婚活は直接会って行うものというイメージがある。長期にわたって外出自粛が要請され、緊急事態宣言が解除されても余談を許さない状況が続くなか、「婚活を中断せざるを得ない」「出会いの場がなくなった」と嘆いている人も少なくないだろう。

 しかし、コロナ禍を理由に婚活を諦めるのはまだ早い。今、自宅にいながらお見合いやパーティーに参加できる「オンライン婚活」のサービスに乗り出す結婚相談所が増えているのだ。

 オンライン婚活とは、いったいどのように行われるのか?オンラインで成果はあがるのか?

 結婚相談所オーネットのサービスを例に探ってみたい。

 同社では従来から会員情報をデータベース化しており、紹介された相手のプロフィールをPCやスマホで確認したり、希望する条件で検索したりできるサービスを行ってきた。これに加えて、緊急事態宣言が発令された今年4月からは、Zoomを使ったお見合いや婚活パーティーの実施体制を整備。自宅にいながら婚活ができる「おうち婚活」を打ち出している。

 オンラインお見合いでは、同社スタッフの案内により画面越しに初顔合わせを行ったあと、当事者2人だけの時間に。通常のお見合い同様、そこでお互いを知り、相性を確認するなかで連絡先の交換などへと進むことができる。

 また、オンラインパーティーでは、Zoomのブレイクアウトルーム機能を使って各参加者と1対1で話す時間を用意。一度の参加で複数の人とじっくり話すことが可能だ。

「新しい出会いのかたちに最初はみなさん不安もあるようですが、一度参加してみるとそれも払拭されるようです。事後アンケ―トでは『楽しかった』との感想がほとんどで、好評を得ています」(同社マーケティング部副部長 長岡正光さん)