アンジャッシュ渡部建氏
Photo:Pasya/AFLO

愛人の告発によって人気お笑いタレントの不倫が発覚した。おそらくタレント本人も週刊誌報道が出るとわかる直前まで、自分に惚れているはずの女性が、週刊誌に密告するなど考えてもいなかったのだろう。だが、こうした愛人からバラされる男には、顕著な2つの特徴がある。(作家・社会学者 鈴木涼美)

全ての愛人は
浮気を告白するのか

 一昔前までは浮気は男の甲斐性(かいしょう)だとか、不倫も芸の肥やし、妻も愛人も幸福にしてこそ本物の男なんて言葉が当たり前に使われていたし、今でも世間的な流れとは関係なく、離婚を前提としない遊びとしての浮気を当たり前に楽しんでいる人は結構いる。

 一方で、その事実が明るみに出ることで社会的にほぼ殺されるような事例もここ5年で随分見られて、その落差にどこか不気味さや現実味のなさを感じているおじさん方は多いんじゃないか。

 ベン・アフレック主演の「ゴーン・ガール」は、妻の失踪をきっかけに始まる謎解きミステリーだが、情事を告発する愛人の心理や妻の復讐心、浮気によってあらゆる信用をなくす夫、マスコミの暴力性や視聴者のミサンドリー(男性嫌悪)などが各所に断片的にちりばめられた作品だ。

 妻の殺害容疑を掛けられ、誰からも信用してもらえなくなった夫と弁護士の会話にこんなものがある。