ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
ソーシャルディスラプト最前線

【新連載】ソーシャル上の"評判"によって、
既存ビジネスの基盤は、いかにディスラプト(破壊)されていくのか

岡本彰彦 [Recruit Strategic Partners, Inc. 代表]
【第1回】 2012年9月4日
著者・コラム紹介バックナンバー
previous page
2
nextpage

商品の「信頼性担保」や「幅広い広告」は個人でも可能な世界へ

 「Airbnb」という、現在利用者を急激に獲得しているサービスをご存じだろうか?

急激に利用者を増やしている"空き部屋シェアサービス" airbnbhttps://www.airbnb.com/

 

 個人が自分の余っているものをネット上で他人にシェアしてちょっとしたお金を稼ぐ、いわゆる「シェアビジネス」の典型的な成功事例として有名なサービスだ。(詳しくは、「普通の人もプチホテルのオーナーに! 空き部屋を世界中の人とシェアできるAirbnbとは」の記事も参照してほしい)

 このサービスは、自分の部屋をホテル代わりに利用してほしい人(ホスト)と、その部屋に泊りたい人(ゲスト)を繋げるサービス。繋げるだけでなく、精算などもAirbnbが代行してくれ、ホストは自分の部屋に自由に値段をつけてゲストを募集することができる。

 見知らぬ人を自分の家に宿泊させる、また見知らぬ人の家に宿泊することに抵抗があるかもしれないが、ホストもゲストも相手のプロフィールや友人の数、どんな考えの持ち主なのかなどを、事前にフェイスブック・ツイッター・リンクトインなどのSNSのアカウントで確認できる仕組みになっている。また、ヤフオクのようにホストとゲスト双方にレビューがつくため、それが「信頼できるか」の判断材料になる。

previous page
2
nextpage
IT&ビジネス
クチコミ・コメント

facebookもチェック

岡本彰彦
[Recruit Strategic Partners, Inc. 代表]

株式会社リクルートの投資会社であるリクルートストラテジックパートナーズの代表取締役として、コーポレートベンチャーキャピタルファンドを活用し、日本のみならず、北米、東南アジアをはじめとしたグローバルな投資·事業開発活動を推進する。現職就任以前は、銀行、ベンチャーキャピタル、証券会社などでストラクチャード·ファイナンスや新事業開発に従事した後、2007年にリクルートに入社し、主に同社住宅カンパニーにおける事業開発の責任者とブランドマネジャーを担当。

ソーシャルディスラプト最前線

Facebook、Twitterといった、いわゆる「ソーシャルネットワーク」が日々の生活にかかせないもの、あえて言えば"必須のインフラ"となったことで「ビジネス」の変化が急激に進んでいる。
電力インフラの整備が、モータリゼーションの加速が、パーソナルコンピューターの普及が、かつてビジネスの変化を決定づけたように、いま現在、「ソーシャル」はビジネスにどのような変化をもたらそうとしているのか?
実際にソーシャルを使ったビジネスで急激に成長するサービスを紹介しながら、その変化の兆しを探っていく。

「ソーシャルディスラプト最前線」

⇒バックナンバー一覧