中国の北京の中国人民銀行
Photo:China News Service/gettyimages

 市場の混乱を回避したい投資家は、新たな資金の逃避先を見いだしている。中国国債だ。

 経済調査会社CEICのデータによると、4-6月期に人民元建ての中国国債に対する外国資金の流入ペースは2018年後半以来の好調さを見せた。流入規模は4兆3000億元(約66兆円)超と、過去最大を記録した。

 外国の中国国債保有は近年増加している。中国政府が売買しやすくしていることも要因だ。19年から主要な債券インデックスに組み入れられたこともある。パッシブ型の債券ファンドは、そうしたインデックスの構成銘柄に連動することを目指す。一方、アクティブ運用を行う投資家は中国の債券市場について、利回りが比較的高く安定しており、投資妙味があると感じている。

 UBSアセット・マネジメントでマルチアセット戦略を統括するエバン・ブラウン氏は「世界の成長が失望を誘えば、あるいは貿易摩擦が悪化したり新型コロナウイルスの流行が再燃したりするなら、中国国債の利回りは低下するだろう」と述べた。

 新型コロナの感染拡大を受けて市場が混乱する中で、すでにそれは証明済みだ。中国は最初に感染が広がった中心地であり、ロックダウン(都市封鎖)措置は欧米よりも数カ月前に開始された。