オフィスでマスク着用
Photo:Bloomberg/gettyimages

 アリゾナ州フェニックス市の公務員、マット・ウェルズさん(33)は4月半ばにオフィスに戻った際、同僚のキュービクル(間仕切りされたデスク)に貼られたメモを見て驚いた。距離を保つよう周りに促していたからだ。

 ウェルズさんは、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)に対する「過剰反応だと思った」と話している。

 現在は自身も同様のメモを貼っている。他人がキュービクルの中に入らないよう、クリップで作ったチェーンもかけている。

 そうした措置に出たのは、別の同僚が突然入ってきて肩越しに身を乗り出し、コンピューターのスクリーンをのぞいた後のことだ。当時、オフィスでマスク着用は義務付けられておらず、2人とも着用していなかった。「彼女はとても近く、ガムのにおいが分かるほどだった」

 ロックダウン(都市封鎖)が解除されるのに伴い、職場に戻る従業員は――職場を離れなかった従業員と同様――パンデミックを巡る見解の違いで衝突している。そうした乖離(かいり)は、選挙の年の政治と相まって緊張を生んでいる。