【東京】それは、日本にとって日常的な光景となってきた挑発だった。6月18日、中国の潜水艦1隻が、奄美大島近くの日本の領海から数マイルの場所を通過した。日本政府は、潜水艦が付近にとどまらないように3隻の駆逐艦と哨戒機を出動させた。  河野太郎防衛相は、慣例を破って潜水艦が中国のものだと公式に確認し、今回の中国の行動は、最近のインド軍との国境地帯での衝突や、香港に対する統制強化の動きと同様に、同国の力を誇示するパターンの一環だと述べた。  中国の台頭は、アジア太平洋全域の安全保障政策の姿を変えた。