記者会見を終え握手するココカラファインの塚本厚志社長(右)とマツモトキヨシHDの松本清雄社長
記者会見を終え握手するココカラファインの塚本厚志社長(右)とマツモトキヨシHDの松本清雄社長(2019年8月22日撮影) Photo:JIJI

マツモトキヨシホールディングスとココカラファインの統合で「ドラッグストア業界1位」奪還は盤石なのか――。ドラッグストア業界を揺るがしたマツキヨHDとココカラの経営統合の発表。スケジュール通りだと来年10月にも統合は実行される見通しだ。だが、折からの新型コロナ感染拡大の影響で両社が首位を奪還しても「三日天下」で終わる可能性も指摘され始めている。(流通ジャーナリスト 森山真二)

マツキヨHDとココカラの売り上げは
コロナ禍直撃で厳しい状況

 マツキヨHDとココカラの新型コロナウイルスの感染が拡大した3~6月の既存店売上高を見ていただきたい。

 マツキヨHDの4月が前年同月比12.5%減、5月が同13.7%減、6月が同9.4%減という状況で2ケタ減が並んでいる。また、ココカラも4月同7.8%減、5月同9.5%減、6月同5.1%減である。

 両社の不振はいろいろといわれているが、マツキヨの既存店売上高の落ち込みは第一に、コロナ禍でドル箱だった訪日外国人(インバウンド)が完全に止まった状況である上、同社が最大の武器としてきた化粧品の売上高が外出自粛、マスク着用の影響を受け下がっているからだ。

 マツキヨHDの小売事業における化粧品売上高比率は39.9%でほぼ4割だ。他のドラッグストアに比べても突出して比率が高い。