住宅ローンの完済は70歳の予定。返済が難しくなったら、残っている退職金で支払えばいいと考えているそうですが、それでは老後資金がなくなってしまいます。退職金は金額が大きいので、いろいろな支払いのあてにしがちです。しかし、当たり前のことですが、それではあっという間になくなってしまいます。

 Bさん夫婦は、現状の世帯の手取りは50万円。ただ、60歳になると妻はパートをやめる予定で、Bさんの雇用形態も“シニア雇用”に変わることになっています。そうなると、手取り収入は30万円ほどになる予想です。

 現状でも貯金で補填しなくてはならない状況なのに、このままではその程度がますますひどくなってしまうことは明白です。だからこそ、今のうちに支出状況を改善することが必要なのです。

老後の安定した暮らしのため
「貯金からの補填」は最小限に

 65歳になれば、ご夫婦の年金が月に約29万円、退職金の年金受け取りで月に8万円の合計37万円ほどの収入になります。しかし今の状況では、65歳になるまで一時金で受け取った退職金が残っているのかも不安です。

 老後への見通しが甘いと、理想の暮らしとは大きく道がそれてしまうことがあります。収入には限りがあります。老後の暮らしを豊かに、安定させるためには、年金などの収入にできるだけ近い金額で暮らし、蓄えからの補填を少なくすることが大切です。

 収入に合わせて支出が大きくなっていた人は、できるだけ早く生活規模を小さくしてそれに慣れるようにしてほしいものです。今の60代は若くて活発です。意識して取り組まないと、“自然に支出が減る”ことは難しいかもしれません。自分なりに必要な支出とそうではない支出を冷静に見極め、自分らしい暮らしを維持できるよう、できるところから取り組んでいきましょう。

(家計再生コンサルタント 横山光昭)