――WSJの人気コラム「ハード・オン・ザ・ストリート」 ***  今年のバック・トゥ・スクール(新学期)シーズンは親たちに相当なストレスがかかる。新型コロナウイルスが米国各地で猛威を振るう中、子どもの教育がどうなるかすら分からない親が多い。これは小売業者にとっても懸念となる。新学期は年間で年末商戦に次ぐ稼ぎ時だからだ。  米市場調査会社NPDグループの小売業界主任アドバイザー、マーシャル・コーエン氏によると、新学期商戦は通常、6月半ばに始まり、7月に本格化して8月にはピークを迎える。学校関連の買い物の一部は、9月に入っても続くという。