フランス,コルシカ島
イタリアの町並みに似た趣のバスティア港 ©iStock

 バスティアは島の北端にあるコルス岬の付け根に位置する港町。14~18世紀、ジェノヴァ共和国領だった時代の要塞が残り、イタリアを思わせる家並みが特徴です。

●ナポレオン1世の出身地

フランス,コルシカ島,ナポレオン
アジャクシオのフォッシュ広場に立つナポレオン像

 ナポレオン・ボナパルト(1769~1821年)は、コルシカ島のアジャクシオでイタリア系貴族の家に生まれました。フランス革命後、天性の軍事的手腕を発揮して、ヨーロッパ広域に勢力を拡大、フランス第一帝政の皇帝まで上り詰めました。その生家は、現在記念館として公開されています。

●位置、行き方

フランス,コルシカ島,アジャクシオ・ナポレオン・ボナパルト空港
アジャクシオ・ナポレオン・ボナパルト空港

 地中海に浮かぶ島コルシカは、南仏コート・ダジュールの町ニース(Nice)の南東約180kmの沖合にあります。

 島へはパリからの飛行機、もしくはニース、マルセイユ(Marseilles)、トゥーロン(Toulon)などからの船を利用します。パリ・シャルル・ド・ゴール空港またはオルリー空港から、アジャクシオ・ナポレオン・ボナパルト空港まで飛行機で約2時間。トゥーロンからアジャクシオまで船で約6時間15分。ニースからアジャクシオまで船で約7時間40分。