中国の人気動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」の将来を巡る闘いは今週も続いている。親会社の北京字節跳動科技(バイトダンス)、マイクロソフト、トランプ米政権の3者がティックトックの米事業を独立させ得るディールについて議論している。  ドナルド・トランプ大統領は3日、マイクロソフトか他の米企業によるティックトックの買収を容認する姿勢を示した。先週には反対の意向を示していた。  ティックトック買収協議について以下にまとめた。