米百貨店ロード・アンド・テイラーは小売業界の先陣を切って、従業員の持ち株制度を始め、軽食カウンターを導入し、華やかなウインドーディスプレーでクリスマスシーズンを先取りし、新進の米国人デザイナーを大胆に起用した。  こうした革新的姿勢は1980年代には鳴りを潜め、かつての高級百貨店チェーンが破産に向かう長い道のりが始まったと、複数の元幹部は話す。3日、194年の歴史を誇る同社はその結末を迎えた。債権者団は10月までに買い手が見つからなければ、同社を清算すると話している。  かつて百貨店は小売業界の最先端を行く、胸躍るようなショッピングの聖地だった。