――筆者のクリストファー・ミムズはWSJハイテク担当コラムニスト ***  和解しがたい不和を理由に離婚するセレブ夫婦のように、中国と米国もたもとを分かつ上で相当大きな傷を残す可能性がある。IT(情報技術)企業を巡る最新の「親権争い」は脅しや反論、訴訟に発展している。現在起こっていることや今後起こることは、米国や中国の技術に依存している、またはそれらの国と商取引をしている企業に大きな影響を及ぼすことになる。  この2大国のどちらが優位に立つかは誰にも分からない。中国は国内の顧客基盤を拡大し、国外で失われた売り上げを取り戻せるのか。