「アパマンショップ」創業者で三光ソフランホールディングスの高橋誠一会長と、日本最大級の美容室「EARTH(アース)」の取締役で、10万部突破の『年収1億円になる人の習慣』の著者、山下誠司さんの対談が実現しました。対談第1回は、『「能力」よりも、「努力」よりも大事なこと』について、お2人に語り合っていただきました。(構成・藤吉豊、竹崎祐子)

「信じるな、疑うな、確かめろ」

山下誠司(やました・せいじ)
(株)アースホールディングス取締役
(株)サンクチュアリ代表取締役
日本最大級の240店舗を展開する美容室「EARTH(アース)」を運営する、(株)アースホールディングス取締役[スタッフ3000名、年商180億円]。うち70店舗をフランチャイズ展開する、(株)サンクチュアリ代表取締役も兼任。(株)サンクチュアリは、自社から輩出したフランチャイズ30社とともに、関東、甲信越、東海、北陸、北海道、福岡で展開[スタッフ900名、年商50億円]。
1976年、静岡県生まれ。高校卒業後に上京し、19歳で年収180万円から美容師を始め、31歳で年収1億円を超える。19歳から23歳まで、ほぼ休みなく仕事をし、24歳から39歳までは、始発から終電まで365日、15年間、1日たりとも休みなく仕事。40歳からは、仕事と遊びの壁が、完全になくなる。愛車は、フェラーリ488スパイダー。趣味は「仕事」。

山下:本日はお忙しい中、お時間をいただきまして、ありがとうございます。『年収1億円になる人の習慣』は、おかげさまで10万部を突破しました。

高橋:年収1億円って、夢の数字ですよね。現状、上場企業の役員でも年収1億円の人はそれほど多くないと思います。東京商工リサーチが行った「役員報酬1億円以上開示企業」調査によると、上場企業の2019年3月期決算で「1億円以上の役員報酬」を受け取っている人数は、570人だったそうです。

相当考えて行動しない限り、なかなか到達できない額ですよ。上場企業では役員報酬が1億円を超えると公表されてしまうから、9000万円で止めている人が結構いるのかもしれないけれど。

山下:「年収1億円の役員」の人数までしっかり把握されているのですね。高橋会長は、すべてにおいて「数字」で表現をされるので、誰が聞いても分かりやすい。私が知る経営者の中でも、高橋会長ほど具体的な言葉、具体的な数字を使ってお話をされる方はいませんから、いつも感服しています。

以前、高橋会長にいただいた小冊子を今も大切に持っています。三光ソフラングループの社員用の手帳に付属しているもので、高橋会長が社員にあてた12項目の「大切な言葉」が書かれてあります。私はこの冊子を自分の手帳にはさんで、ことあるごとに目を通し、肝に銘じています。

高橋:最初は自分のために記した言葉で、50項目くらいありました。社員に紹介するにあたって、毎月ひとつずつ実践できるようにと、12項目に絞ったんです。

【三光ソフラングループ 大切な言葉】
1
タイム・イズ・マネー。
ダイアリーと日程表で夢を叶える

2
ビジネスの判断基準は
「正しいかどうか」

3
YES,I CAN.
絶対大丈夫という、自信を持つまで考え抜く

4
ビジネスは、プラス思考で
考えることで成功する

5
信じるな、疑うな、確かめろ。
仕事は自分の目で確認することが重要

6
分からない事は分からないと言う
素直に教えを請うこと

7
約束は必ず守る。
やり切る事で大きな信用となる

8
ビジネスは継続。
適正利益を求めて、一発で儲けようとはしない

9
ビジネスの成功は
「真似すること」から

10
ギブ・アンド・ギブ
相手に見返りを求めない奉仕の精神

11
人間は高い目標を持つからこそ
達成意欲を持ち頑張れる

12
自由と自己責任は連動している。
自由な生き方には責任が伴います

山下:12項目の5番目には「信じるな、疑うな、確かめろ。仕事は自分の目で確認することが重要」とあり、この言葉は、手帳だけでなく社内にも貼ってあったと記憶しています。

先般、高橋会長とジャカルタを視察したときでした。現地の役員と一緒にホテルを点検していた会長は、ご自身で植木を置く場所を指示され、最後に「あとで写真を撮って送りなさい」とおっしゃっていましたね。

高橋:往々にして、相手と自分の認識や解釈がズレることがあるものです。電話でも現地とのやりとりは可能ですが、声だけだと、その認識のズレに気づけません。ですが、写真を使えば、自分の目で仕事を確かめることができます。