Instagram+TikTokの合計フォロワー27万人超えの美容師、小西恭平さんをご存じでしょうか。月間新規指名客数400人以上。全店総指名数、売り上げNo.1。新規客の予約が1日100件入ったこともあるという小西さんは、表参道の人気ヘアサロン「Of HAIR」に務めるカリスマ美容師です。
そんな彼は、初の単行本『あなたは髪を切らなくても変われる』のなかで、美容師でありながら「髪を切らなくても新しい自分になれる」と断言しています。
この連載では、誰でも必ずかわいくなれる、「シンプルなのに、どこかおしゃれ」な髪型を、自宅にいながら自分でつくる方法をお伝えしていきます。
この記事では、ウィズコロナ時代に嬉しいマスクやZOOM会議でも映える「前髪」スタイリング法を徹底解説。鏡を手元にご用意いただき、実践しながら読んでみてくださいね。
(取材・構成/川代紗生、撮影/疋田千里)

習得すべきは、
コンプレックスを隠す
スタイリング

──リアルだけでなく、写真やオンライン会議など、画面越しでも「映える」髪型のコツを教えてください。

小西:コンプレックスを隠してあげるようなスタイリングができるといいと思います。面長の人なら顔を出したほうがいいですし、丸顔やベース型の人なら、頬骨・エラの部分を隠すスタイリングすると、いいところだけが出る。いいところを出せるような髪型にしておくと、写真を撮ったときにも嫌いなところが隠れてくれるので、写りが良くなりますよね。

あとは、前髪がある方なら、前髪を目にギリギリかかるかかからないかくらいの長さにしておくと、抜け感も出てかわいい印象になりやすいです。

小西恭平(こにし・きょうへい)
1988年生まれ。東京都出身。国際文化理容美容専門学校卒業後、美容師として人気ヘアサロン「Of HAIR(オブヘア)」に入社。現在、表参道店にてディレクターを務める。月間新規指名客数400人以上。全店総指名数、売り上げNo.1。新規客の予約が1日100件入ったこともある。ライフスタイルに合うシルエットと再現性の高いカット技術に定評がある。Instagram、TikTokによる高い発信力を持ち、国内外の女性から圧倒的な支持を集める。特に「印象の違い」と題した投稿が人気。Instagram:@kyohei_konishi TikTok:@kyohei1120koni

マスクをしても
かわいい髪型のコツとは?

──マスクをしていると暗い印象になりやすいと思うのですが、かわいく・明るく見せる前髪はありますか?

小西:僕も、最近は「マスクは普段はずしてますか?」「マスクありの髪型、マスクしない髪型、どっちがいいですか?」と聞くようにしています。

マスクヘアのポイントは、目ヂカラが一番アップできる前髪にすること。たとえば、目がつぶらなタイプなら、前髪を少し長めにするとか。あとは、普段眼鏡をかける人なら、ちょっと短めの前髪にしてあげたほうがいいですね。

マスクをしていると、出るポイントが限られますよね。なので、マスクから見える額や目元のコンプレックスをうまくカバーできる髪型にするといいと思います。

眉毛が整っているかどうかも強調されてしまうので、「眉毛を出したいのか」もポイントですね。前髪をつくって、伸びてきたときにどう対処するかも、『あなたは髪を切らなくても変われる』に書いてあるので、セルフスタイリングをもっと研究したい方は、読んでみていただけたら。

ウザい伸ばしかけ前髪の対処法なども具体的に紹介しています。(本書70~73ページ)
拡大画像表示