中国,習近平国家主席,韓国,文在寅大統領
中国の習近平国家主席は、早期訪韓の意思を文在寅政権に伝えた(撮影日:2019年6月28日、大阪G20サミット) Photo:Pool/gettyimages

中国は孤立を避けるため
韓国などの外交を強化し始めた

 中国が米国や欧州諸国との関係悪化もあり、国際社会で中国の孤立感が高まっている。その背景には、新疆ウイグル自治区での人権問題や、香港の国家安全維持法の施行、新型コロナウイルスの感染などをめぐって、米国や欧州諸国、さらにはオーストラリアなどとの関係がややこじれていることがある。

 わが国やオーストラリア、EUは中国や香港での人権的な問題などへの懸念を表明し、自由資本主義陣営と国家資本主義を標榜する中国との溝が深まっている。それに加えて、領土問題で対立するインドや、ベトナム、台湾なども中国に対する警戒感を強めている。

 欧米との関係が冷え込む中、中国の習近平国家主席はさらなる孤立を避けるため、アジア各国への外交を強化し始めた。

 目下、最も重視しているのが国の一つが韓国だ。

 習氏は早期訪韓の意思を文在寅(ムン・ジェイン)政権に伝えた。習氏は韓国を「自国の陣営」に取り込み、米国に対抗することを望んでいるはずだ。現在、半導体の製造能力が十分ではない中国にとって、韓国との関係強化はサムスン電子などの生産技術を吸収するためにも重要だ。