レバノン,ベイルート
8月4日に首都ベイルートで大爆発が発生したレバノンは当時、ハイパーインフレにも見舞われていた Photo:Getty Images

 天候不順等々による世界的な食糧不足がインフレを招くとする警戒はあるものの、現在多くの先進国で物価上昇率は低迷している。コロナ禍により需要が不足しているからだ。

 日本のインフレ率はゼロ%近辺であり、ユーロ圏では消費者物価の調査項目全てを反映した総合指数がマイナス0.4%に低下。米連邦準備制度理事会(FRB)も目標の2%に満たない状況が定常化することを警戒している。