◇インスパイアを生み出す

 コミュニケーションは、私たちの心を温かくも冷たくもするようなエモーショナルエネルギーを生み出す。相手を刺激し、勇気づけ、行動させるコミュニケーションのレベルは、もっとも高いエネルギーをもつ。これをインスパイアレベルという。ただ情報を伝達し、指示・命令するのでは、相手との間に距離ができ、冷えびえとした感じを与えてしまう。これに対し、共感や呼応するものがあると、言葉以外のものが双方向に生まれ、空気が温まるだろう。

 上司が感情のこもった言葉を直接投げかけると、部下は勇気づけられ、エネルギーレベルがインスパイアレベルへと上昇する。コーチが「今ここでの率直な気持ち」としてのIメッセージを伝えることで、相手を勇気づける会話ができるのだ。

 コーチングでは、「思ったことをしゃべる」のではなく、「しゃべりながら自分の考えに気づく」ということをしている。インスパイアレベルのIメッセージを発信するときも、自分の考え、思いを正確かつ効率的にレポートしようとしなくてよい。自分が発信したいIメッセージの中身に集中するとよい。

◆相手のためのコーチング
◇指示・命令とは違う「コーチングのアドバイス」

 やる気レベルを下げる上司とはどのようなひとたちか。たとえば、「話を聞かずに評価する」「責任を転嫁する」「自分のやり方を押しつける」ひとたちだ。こういった上司は、指示・命令によって部下に答を与えるスタイルをとってきた。これは、かつて日本の繁栄を築いた管理職のあり方である。下の者である「愚者」が、先生、親、上司といった「賢者」の命令に従うという「ヒエラルキー」に基づく人間観といえよう。

 指示・命令だけのほうが、忙しい中でも早く成果を出せるとする考え方もある。しかし、コーチングスキルによって部下の能力を引き出すことができれば、部下は自分で考え、自発的に行動するようになる。すると、自ら判断できる人材が育つため、結果的に管理者の負担が減るだろう。